MENU
カテゴリー

自家製梅酒に酒税法違反の可能性?ワインや日本酒でつけるとだめなの?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

5月末ごろから、スーパーの店頭でも青梅が並ぶようになりますよね。

並んでいる青梅を見かけると「梅酒をつけてみようかな」と思う方も多のではないでしょうか。

でも、普通にホワイトリカーで漬けるのもちょっと物足りないですよね。

漬け込むお酒を変えてちょっとアレンジしてみたい!

そんな方に、漬け込むお酒のアルコール度数にちょっとご注意いただきたいのです。

なんと、使用するお酒によっては酒税法違反になってしまう可能性が!

アルコール度数20%以下のお酒で漬けると酒税法違反になるというのは本当でしょうか?

今回は、楽しく決まりを守って自家製梅酒作りをするために「酒税法」のお話をしたいと思います。

目次

基本的な梅酒の作り方

まず初めに、基本的な梅酒の作り方をご紹介!

*材料

  • 青梅 1㎏
  • 氷砂糖 800g
  • ホワイトリカー 1.8L

砂糖の量はお好みで調節してください。

甘めがお好きな方は1㎏、辛口がお好きな方は500~600gが目安です。

*準備

  1. 果実酒用の保存瓶は、熱湯消毒して乾燥させておきます。
  2. 青梅は水で洗って水分をふき取り、竹串などでヘタをとっておきます。

*作り方

  1. 青梅を瓶の底に敷き詰め、氷砂糖を優しくのせます。
  2. さらに青梅、氷砂糖、と重なるように入れていきます。
  3. ホワイトリカーを注ぎます。

以上で漬け込みは完了です!

冷暗所に保存しておけば、6ヵ月後から飲むことができます。

梅の実については、一年後に取り出す方が多いですが、梅酒が濁ったりしていなければ漬けたままでも問題ありません。

今回はホワイトリカーをご紹介しましたが、もちろん他のお酒でも大丈夫です。

ウィスキーやブランデーなどで漬け込む方などもいらっしゃいますね。

今年我が家では、ウィスキーで漬け込みました。

梅1㎏、氷砂糖800g、ウィスキー1.8Lで4Lサイズの果実酒瓶ぴったりです。

今回使用したウィスキーはアルコール度数37%のもの。

これが結構重要なのです。

アルコール度数20%以下のお酒でつけてしまうと、「酒税法違反」となってしまう、というのはご存じでしたか?

あわせて読みたい
【酒税法】自家製サングリアの作り置きが違法なのはなぜ!?ノンアルコールでもおいしく作れる? 甘くてフルーティーなサングリアは、お酒が苦手な方でも楽しみやすく人気です。 作り方はワインにフルーツやお好みのスパイスを入れるだけ! 非常に簡単なので、ご自分...

アルコール度数の低いお酒でつけると酒税法違反!?

酒税法とは?

酒税法は、簡単に言うと酒税の賦課徴収、酒類の製造及び販売業免許等について定めた日本の法律です。

ここで言う「酒類」とは、アルコール分1度以上の飲料を指します。

酒税法では、酒類と何かを混ぜる行為は「新たな酒類を作る」、とみなされるのです。

なので、青梅にお砂糖とお酒を入れて梅酒を作る行為は、「新たな酒類を造る」という行為に当たるのですね。

とは言え、自家製梅酒すべてが酒税法違反となるわけではありません。

個人で楽しむ分にはOKとされていますが、酒造免許がない状態で梅酒など自家製の果実酒などを作る際は、守らなければならない決まりがいくつかあるのです。

酒税法を守って自家醸造をするには?

国税庁のHPにある「お酒に関するQ&A]では、手作り梅酒について下記のような返答があります。

Q1 消費者が自宅で梅酒を作ることに問題はありますか。

A 焼酎等に梅等を漬けて梅酒等を作る行為は、酒類と他の物品を混和し、その混和後のものが酒類であるため、新たに酒類を製造したものとみなされますが、消費者が自分で飲むために酒類(アルコール分20度以上のもので、かつ、酒税が課税済みのものに限ります。)に次の物品以外のものを混和する場合には、例外的に製造行為としないこととしています。
 また、この規定は、消費者が自ら飲むための酒類についての規定であることから、この酒類を販売してはならないこととされています。

1 米、麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでん粉又はこれらのこうじ

2 ぶどう(やまぶどうを含みます。)

3 アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、核酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩類、色素、香料又は酒類のかす

根拠法令等:
酒税法第7条、第43条第11項、同法施行令第50条、同法施行規則第13条第3項

国税庁ホームページより
まとめると、自家製梅酒で守るべきポイントは3つ!
  • アルコール度20%以上のもので漬ける
  • 販売してはいけない
  • 米、麦、トウモロコシやぶどうなど、禁止されているものは混ぜない

アルコール度数が高いと酵母の働きを抑制してくれるのですが、アルコール度数20%以下ですと発酵してしまい、アルコール濃度が上がってしまう可能性があります。

1%でもアルコール度数が上がると、酒類を製造したことになってしまうためです。

米や麦、ぶどうなどを一緒に漬け込むことが禁止されているのも、発酵しやすいことが理由に挙げられます。

日本酒や焼酎、ワインなどの原料を考えると納得ですね。

また、衛生面からもアルコール度数は20%以上の酒類で漬けることが推奨されています。

アルコール度数が低くなると、雑菌が繁殖しやすくなるためです。

長期保存を考えている方には35%以上のお酒をご使用くださいね。

自家製梅酒作りにOKなお酒・NGなお酒

自家製梅酒作りにOKなお酒は?

梅酒作りにOKなお酒
  • 果実酒用のホワイトリカー
  • ウィスキー
  • ブランデー
  • ジン・ウォッカ・ラムなどのスピリッツ

アルコール度数も35%以上と高いので長期保存にも向いています。

個人的には、ブランデーなど甘みの強いお酒の場合、氷砂糖を少し減らすのがおすすめです。

日本酒や紹興酒もアルコール度数15%程度のものがほとんど。

限られてはいますがアルコール度数20%以上のものも販売されています。

そちらを使っての梅酒作りはOKです♪

種類は限られますが、アルコール度数20%以上の日本酒も販売されています

ただ、こちらも長期保存には向いていません。

35%以下のアルコールで自家製梅酒を漬け込む際は、1年以内に飲み切る量にするのがよいと思います。

自家製梅酒作りにNGなお酒は?

自家製梅酒作りにNGなお酒は?
  • みりん
  • ワイン
  • アルコール度数20%以下の日本酒
  • アルコール度数20%以下の紹興酒

などです。

以前はみりん梅酒などが書籍にも紹介されていましたが、現在では削除されています。

ワインなども13%前後ものもが多く、残念ながら自家製梅酒作りに使用できるものはありません。

日本酒紹興酒もほとんどのものが15%前後ですので、使用できない物の方が多いです。

手作り梅酒に酒税法違反の可能性? まとめ

今回のポイントは

・自家製梅酒にはアルコール度数20%のお酒を使う

という点です。

個人で楽しむ自家製梅酒でも、守らなくてはならない法律がきまっています。

この個人で楽しむ、ということについも基本的には同居家族までとなっており、不特定多数の人には無料であってもふるまうのは避けた方がよさそうです。

「酒税法」を守って楽しく自家製梅酒を作りましょう!


WordPress キッチンアイテムレビュー キャンプ スタバ ハンドメイド販売 ビストロヌードル ブログ ヨーグルト 手作り市 燻製 甘酒 自宅で楽しむ 自家製酒 酒税法 雑貨

\\圧倒的機能美を追求するWordpressテーマ//

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる