豆乳でヨーグルトを作るメリットは?種菌にはできる?【手作り豆乳ヨーグルト】

豆乳ヨーグルト

最近、スーパーのヨーグルト売り場では、様々な種類の「豆乳ヨーグルト」が販売されています。

ヨーグルトを豆乳で作るメリットというのは、どういったものがあるのでしょうか。

一般的な「牛乳で作ったヨーグルト」とどのような栄養成分の違いがあるのか見ていきながら、お話したいと思います。

今回の記事では

  • 豆乳でヨーグルトを作るメリット
  • 牛乳との栄養成分の違い
  • 種菌として新たなヨーグルトを作ることができるのか

についてご紹介していきます。

豆乳でヨーグルトを作るメリット

スーパーのヨーグルト売り場でも、様々な種類の「豆乳ヨーグルト」が販売されています。

「イソフラボン」が入っていることや、「食物繊維」「低コレステロール」などを謳った商品が多いいですね。

他にも豆乳で作るヨーグルトは、牛乳で通るものと比べて

  • 低カロリー
  • 低脂質
  • 低糖質

といった点がメリットとして挙げられます。

たま、牛乳に比べて鉄分も含まれているのもうれしいですね。

牛乳と豆乳の栄養成分の比較

原材料が違うため、「豆乳ヨーグルト」と一般的な「牛乳で作られてヨーグルト」では栄養成分が異なります。

具体的な数値を見ていきたいと思います。100g当たりの主な成分は下記の通りです。

牛乳無調整豆乳調整豆乳
エネルギー(kcal)664463
たんぱく質 (g)3.33.63.2
脂質 (g) 3.62.03.6
炭水化物 (g) 4.83.14.8
カルシウム (mg) 1101531
コレステロール (mg) 1200
鉄分 (mg) 01.2 1.2
文部科学省 食品データベースより

「調整豆乳」の場合ヨーグルトを作るとあまりしっかりとかたまりませんので、ヨーグルトを作るときは「無調整豆乳」を使用することになります。

表を見てみると、牛乳に比べて無調性豆乳は、

  • 低カロリー
  • 低脂質
  • 低糖質

であることがわかりますね。

そして嬉しいコレステロール0!!

ダイエット中の方には無調整豆乳のヨーグルトがおすすめです。

また、鉄分やイソフラボンなど、女性に嬉しい栄養成分も含まれている点も、豆乳のメリットです。

ですが牛乳の見逃せない栄養成分が、その豊富なカルシウムです。

糖質や脂質が気になる方は豆乳、カルシウムが欲しい方は牛乳、といった感じで選択されるのもよいのではないでしょうか。

豆乳ヨーグルトを種菌にできる?

豆乳で作ったヨーグルトを、種菌として継ぎ足していくことはできません。

ヨーグルトを作る際は、牛乳を使ったヨーグルトを種菌として使ってください。

市販のヨーグルトを種菌として使用する場合も、「豆乳ヨーグルト」や「アーモンドミルク」のヨーグルトなどは使用できません。

豆乳ヨーグルト *作り方*

無調整豆乳……900ml
プレーンヨーグルト……100g

消毒した容器に、豆乳とヨーグルトを入れしっかり混ぜ合わせます。
40℃で6時間保温します。
冷蔵庫でしっかりと冷やせば完成です。

発酵温度や醗酵時間は、お使いのヨーグルトメーカーを参考にしてください。

お使いのヨーグルトメーカーや、室温によっても出来上がり時間は変わってきますので、固まり具合を見て調節してください。

気になる豆乳ヨーグルトの味は?

豆腐味のヨーグルト、といった感じでそれほど食べづらいとは感じませんでした。

無調整豆乳の風味が苦手な方は、牛乳と豆乳1:1にしてヨーグルトを作ると、豆乳の風味がマイルドになって食べやすいと思います。

豆乳ヨーグルト まとめ

豆乳でヨーグルトを作るメリットは、

  • 低カロリー
  • 低脂質
  • 低糖質
  • 低コレステロール

という点です。

ヘルシーなのでダイエット中の人にもおすすめですね。

ただ、種菌としては使用できませんので、手作りする際は牛乳で作ったヨーグルトと豆乳を混ぜて作ってください。

無調整豆乳が苦手という方は、牛乳と1:1で作るのもおすすめです。

コメント