豆乳でヨーグルトを作ると固まらない原因は?【手作りヨーグルト】

手造り豆乳ヨーグルトが固まらない原因は?

ヨーグルトメーカーを使うと、牛乳にヨーグルトを混ぜてセットしておくだけで、気軽に手作りヨーグルトを楽しむことができます!

ちょっと高めのヨーグルトも混ぜて待つだけで増やすことができるのも手作りヨーグルトの魅力。

牛乳の代わりに豆乳を使えば、「豆乳ヨーグルト」を作ることもできてしまうんです!

でもそんな豆乳ヨーグルト、「しっかり固まらない」なんてこともあるんですよね。

今回は、豆乳ヨーグルトが固まらない時の解決方法についてお話したいと思います。

この記事では

  • 豆乳でヨーグルトを作った時に固まらない原因

をご紹介しています。

手作り豆乳ヨーグルトが固まらない時の解決方法

豆乳ヨーグルトを作るときのコツは、「無調整豆乳を使う」という点です。

大豆固形分6.5%以上のものを使用すると、しっかりと固まったヨーグルトを作ることができます。

調整豆乳を使用してヨーグルトを作ると、分離してしまったり、しっかり固まらずにゆるいヨーグルトになってしまうんです。

また、スーパーでは様々なフレーバーの豆乳飲料が販売されています。そういったフルーツ味やココア味などの豆乳飲料はヨーグルト作りには適していません

豆乳ヨーグルトを作るときは、無調整乳を使用してください。

無調整豆乳を使用しても固まらない場合

無調整豆乳を使用しても固まらない場合は、次のことを確認してください。

  • 容器や使用する器具はしっかりと消毒したか
  • 種菌となるヨーグルトは新鮮なものを使用しているか
  • 醗酵中に、かき混ぜたり振ったりしていないか
  • ヨーグルトの種類を見直す

牛乳で作るヨーグルトにも言えることですが、醗酵中に混ぜたり振ったりするとしっかりと固まりません。

また、種菌となるヨーグルトの鮮度が落ちていると固まりにくくなります

種菌は、
市販のヨーグルトであれば「開封したてのもの」
自分で作ったヨーグルトなら「作り立てのもの」
を使用するようにしてください。

自作のヨーグルトを種菌にする場合は「牛乳で作ったヨーグルト」を使用してください。

「豆乳で作ったヨーグルト」を種菌として新たなヨーグルトを作ることはできません。

ただ、市販のヨーグルトの中にも固まりにくいものはありますので、どうしても固まらない場合は使用している種菌を変えてみてください。

調整豆乳はヨーグルト作りには向かない?

一度調整豆乳でヨーグルトを作ってみたのですが、しっかり固まらず、また分離している状態でした。

冷蔵庫で冷やしたのち、しっかり混ぜることでなめらかな状態となり、分離についてはそれほど気になりません。

硬さはというと、生クリームの5分立てくらいの感じです。

食べる分に不都合があるほどではありませんが、しっかりと固まったヨーグルトがよい、という方は無調整豆乳の使用をおすすめします。

無調性豆乳のヨーグルトは美味しい?

調整豆乳は好きだけど、無調整豆乳はあまり好きじゃない、という方もいらっしゃいますよね。

私もそうですが、ヨーグルトにしてみると食べ辛さはそれほど感じませんでした。

無調整豆乳で作ったヨーグルトは、豆腐味のヨーグルトという感じでした。

ただ、調整豆乳で作った時にも言えることですが、ヨーグルトの酸味と豆乳の風味が若干喧嘩しているような気がします。

食べ辛いほどではなく、少し違和感を感じる程度ですが…

味のお好みは個人差がありますが、気になる方は牛乳と豆乳を1:1で作ると、マイルドな感じで豆乳の風味も楽しんでいただけると思います。

豆乳ヨーグルト *作り方*

無調整豆乳……900ml
プレーンヨーグルト……100g

消毒した容器に、豆乳とヨーグルトを入れしっかり混ぜ合わせます。
40℃で6時間保温します。
冷蔵庫でしっかりと冷やせば完成です。

発酵温度や醗酵時間は、お使いのヨーグルトメーカーを参考にしてください。

お使いのヨーグルトメーカーや、室温によっても出来上がり時間は変わってきますので、固まり具合を見て調節してください。

豆乳ヨーグルト まとめ

今回は、豆乳ヨーグルトについてのお話でした。

無調性豆乳を使うと、しっかりと固まったヨーグルトを作ることができます。

豆乳の風味が強くて食べづらいと感じる方は、牛乳と豆乳1:1でチャレンジしてみてください。

  • 低カロリー
  • 低脂質
  • 低糖質
  • コレステロール0

という点が、無調性豆乳でヨーグルトを作るメリットにもなります。

コメント