MENU
カテゴリー

【手作り市】キャッシュレス決済する方法は?クレジットカード決済やコード決済を導入!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

どんどん進んでいくキャッシュレス化。

中には財布を持たずにお出かけする、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

手作り市でも、公園等で開催している場合は「見かけたのでふらっと訪れた」という方が意外と多いんですよね。

欲しいと思ったけど手持ちがなくて買えない、というお客様を逃さないためにも、手作り市でもぜひキャッシュレス決済を導入したいところです。

個人でキャッシュレス決済を導入したい場合、どのような方法があるのかご紹介していきたいと思います。

目次

【手作り市】キャッシュレス決済する方法は?

手作り市でキャッシュレス決済を導入するには、大きく分けて2種類の方法があります。

端末を導入してカード決済をする

……クレジットカード各種、電子マネー

QRコードを置いてコード決済する

……Paypay、メルペイ、楽天ペイ等

順番にご紹介していきたいと思います。

クレジットカード決済

クレジットカード決済をするためには、決済端末が必要です。

大きく分けて端末代無料で月額利用料を払うタイプと、端末を購入するタイプがあります。

手作り市で使用する場合は、充電式のコードレス端末を使用します。

中には、電源をつないでおかないと使用できないタイプがありますので申し込む前に確認してくださいね。

Square

Square より

比較的審査が通りやすく、導入しやすいのが特徴。

イベント等へ行くと見かける方も多いのではないでしょうか。

コンパクトな端末がちょっとおしゃれですよね。

  • 導入費用7980円
  • 月額無料・解約手数料なし
  • 手数料3.25%~
  • 審査期間は1〜3営業日程
  • スマホがあれば利用可能
  • 振り込み手数料無料
  • 充電式の端末なので屋外のイベントでも使用OK!

振り込み手数料無料なのは嬉しいですね。

端末代を最初に支払えば、あとは売り上げに対する手数料のみで使用できます。

利用できる決済

各種クレジットカード

Suica、PASMOなど交通系電子マネー

iD、QUICPay、Apple Pay

<<詳細はこちら>>

STORERS 決済

STORERS 決済より

ネットショップのストアーズを運営しているヘイ株式会社の決済端末。

なんと、現在決済端0円キャンペーン中なのです!(2021年10月29日まで)

通常であれば19800円する端末が、期間中新規申し込みすると0円で使用することができます。

  • 初期費用無料(2021年10月29日まで)
  • 月額無料・解約手数料なし
  • 手数料3.24%
  • 10万円以上で振込手数料無料(10万円以下の場合は200円)
  • スマホがあれば使用可能
  • 審査は最短2営業日 
  • 充電して使用する端末なので屋外での使用OK!

審査が早いのが魅力。

今なら端末が無料で手に入りますので、手数料のみでカード決済が可能に!

「はじめてのキャッシュレス決済応援ガイド」など、はじめてキャッシュレス決済を導入する方に向けての相談窓口があります。

利用できる決済

各種クレジット―カード

スイカやパスモなど電子マネー

<<詳細はこちら>>

コード決済を導入する

Paypay

ペイペイと言えば、スマホ決済では群を抜いて利用人口が多いのが特徴。

手作り市や屋外のエベントでも、利用する店舗が増えてきています。

  • 初期費用0円
  • 決済システム利用料1.98%
  • 月1回入金無料

クレジットカードのように端末は必要なく、QRコードを置くだけでOK!

決済手数料もクレジットカードより低いのは嬉しいですね。

<<詳細はこちら>>

PayPay

Paypayより

ただ、一点注意事項があります。

ペイペイの場合、加盟店登録したお店がマップ上に記載されます。

登録住所と、お店の屋号が加盟店検索で表示されるのです。

個人情報が気になる方は慎重にご検討ください。

【手作り市】キャッシュレス化のメリット・デメリット

キャッシュレス化のメリット
  • 用意するおつりが減らせる
  • 売り上げが上がる
  • お会計の手間が減る
  • 売上金額の確認が楽になる

現金のみで販売している場合の最大のデメリットが「お金がないから今回はやめておきます」と言われてしまうことです。

最近はまとまったお金を持ち歩かない方も多いです。

お会計に時間を取られてしまうとその間にお客様が別の店舗へ行ってしまう、なんてことも。

現金のみの対応では、せっかく作品を欲しい、と思ってくれたお客様を逃すことにもつながるのですね。

また、売上金がすべて現金だと、売り上げの確認作業も大変!

100円玉が〇枚、1000円札は〇枚……とすべて数えることになるので、キャッシュレス化はぜひとも進めたいところです。

キャッシュレス化のデメリット
  • 事前に登録・審査が必要がある
  • 導入費用、手数料が必要

デメリットは、この2つ。

とはいえ、数千円する高単価の商品を販売する方はぜひとも導入したいところです。

スマホでのキャッシュレス決済OKの場合はその旨のポップを用意しておく方が、お客様からもわかりやすいですね。

あわせて読みたい
【ハンドメイド販売】ネット販売と手作り市の出店の違い!それぞれのメリット・デメリットは? コロナ禍でステイホームが推奨される中、ハンドメイドを始める方が増えています。 はまってしまって作りすぎた作品を販売してみたい!という方もいらっしゃるのではない...

\\圧倒的機能美を追求するWordpressテーマ//

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる