手作りの甘酒って冷凍保存できるの?解答はレンジでチンしちゃダメ!!

甘酒は冷凍保存できる?

腸活のために始めたい甘酒生活。

スーパーでも様々な甘酒が並んでいますが、日常的に購入するとなると費用がかさんでしまいます。

そこで手作りしてみると、

大量にできちゃって飲み切れない

なんてこともあったりしますよね。

そんな時は冷凍保存がおすすめ!

ですが、麹で作る甘酒は70℃を超えると菌の効力がなくなってしまいますので、解凍方法にも注意が必要なのです。

そこで今回は、麹で作る甘酒の冷凍方法と解凍方法をお伝えしたいと思います。

今回の記事では、麹を使用した甘酒の

  • 冷凍方法
  • 解凍方法

につていご紹介いたしています。

手作り麹甘酒は冷凍保存する方法

麹の甘酒は、冷蔵でも冷凍でも保存することが可能です。

冷蔵での賞味期限は5日~1週間ですが、その期間に飲み切れない時は冷凍庫で保存しましょう。

甘酒を冷凍した場合酵素は一時的に眠っている状態になり、解凍した時に酵素の働きが戻ります。

ですが、雑菌が繁殖しやすくなるため再冷凍は厳禁です。

冷凍保存する際には飲む分量に小分けして冷凍し、飲む分量だけ解凍するようにしてください。

冷凍する際の賞味期限は?

冷凍焼けなどが起こっていまうと風味が急激に損なわれますので、冷凍しているからとあまり長期間の保存はおすすめできません。

メーカーでも、3ヶ月以内に飲み切ることを推奨しています。

開け閉めの回数など、ご家庭の冷凍庫の使用状況によって保存状態は変わってきますので、解凍した時に

  • 色が変わっている
  • 酸っぱい味がする
  • 嫌なにおいがする

といったことがあれば飲まずに処分してください。

注意したい解凍方法

注意したいのが解凍方法です。

麹の菌は70℃を超えると効力がなくなってしまいます

そのため、電子レンジでチンしたり鍋で温めたりすると「取りたい菌が死滅している」といった状態になりかねません。

解凍する際は、飲む分量だけ冷蔵庫でゆっくりと解凍させてください。

温めて飲む場合も、冷蔵庫で解凍してから温めて飲むのがおすすめです。

手作りの麹甘酒 冷凍方法と解凍方法 まとめ

飲み切る分量だけ解凍する必要があるため、1回に飲む分量に小分けして冷凍保存するのがおすすめです。

冷凍保存した場合も、1ヶ月を目安に飲み切るようにしてください。

また70℃以上になると麹菌の効力がなくなりますので、飲む前日に冷蔵庫に移し、ゆっくりと解凍しするのもポイントです。

コメント